服用することによる異常行動が確認されているタミフルですが、実際はタミフルのせいではなくインフルエンザが引き起こした症状の1つという説が有力になっています。つまりタミフルは安全な治療薬ということなのです!

タミフルでインフルエンザをやっつける!
目次

インフルエンザにかかったら行動計画を立てる

インフルエンザは稀な疾患ではありません。誰しも感染の可能性があり、人生で一度は経験することのある疾患であると言えるでしょう。インフルエンザは特に冬場に感染が拡大します。それは気温が下がり、空気も乾燥するためにインフルエンザウイルスの活動が活発になる為です。

人間の方も寒さのあまり血行が悪くなり、体温が低下して免疫力が低下するために、どうしてもインフルエンザに感染しやすくなってしまいます。インフルエンザに感染すると特徴的なのが40度近くの高熱にうなされることです。また下痢や嘔吐、関節痛なども激しく、咳なども激しく出る傾向にあります。咳をすると飛沫が他人の口や鼻に入り、そのことで感染が拡大するので感染者は行動計画を立てることが大事です。こうした行動計画は、医師によって指示されます。咳があったり、熱がある段階では出勤や投稿を控えるように指示されます。

タミフルで治療をはじめて5日から一週間程度は隔離した場所で静養し、出勤や登校を控えるように命じられます。しかしタミフルを飲んで一週間が経過したから完全にウイルスが死滅していると言う訳ではありません。糞尿にもウイルスは存在し、手を媒介にして他者に感染を指せることもあるので、感染者は手洗いや手先のアルコール消毒を徹底することも大事です。また冬には職場や学校で加湿器を用いて加湿を心がけることが大事です。湿度が高いとインフルエンザウイルスの活動は鈍り、感染確率は減少します。

また規則正しい生活や栄養バランスのとれた食生活で免疫力をアップさせるようにしたり、インフルエンザの予防接種を流行シーズン前に接種しておくことも感染対策として非常に有効であると言えます。