服用することによる異常行動が確認されているタミフルですが、実際はタミフルのせいではなくインフルエンザが引き起こした症状の1つという説が有力になっています。つまりタミフルは安全な治療薬ということなのです!

タミフルでインフルエンザをやっつける!
目次

インフルエンザには早期発見がカギ

インフルエンザは早期発見することで効率よく治すことができます。インフルエンザにかかってしまった場合、タミフルが処方されることが多いのですが、これは抗インフルエンザ薬としてよく知られています。インフルエンザの治療だけでなく予防にも使うことができますし、ウイルスの増殖を抑えて症状の悪化を防ぐ効果が期待できるでしょう。

インフルエンザの薬としては最も広く認知されており、たくさんの数の人が利用しています。インフルエンザA型とB型の両方に効果があるということですが、B型には効果が出にくいこともあります。また、最近ではタミフルに耐性のあるウイルスも発見されており、その場合は他の薬を使って治療していくことになります。

抗インフルエンザ薬といってもいろいろありますが、タミフルはかなり効果の高い薬ですし、病院でも処方されることが多いのです。タミフルにはインフルエンザウイルスに直接作用して数を抑えるという効果があるため、できるだけ早く服用することがポイントです。症状が悪化するのを防いでくれるということですが、感染前に服用しておくことで免疫力がアップしますし、予防薬として使うこともできるのです。

この薬を予防のために服用することにより、インフルエンザ自体ににかかりにくくなりますし、感染した場合も症状を軽くすることができるのです。インフルエンザウイルスは1個のウイルスが1時間で120万個にまで増殖するとされており、急激に増殖するのですぐに体調が悪化してしまうのです。そのためタミフルでウイルスの増殖を抑えることが効果的です。
ちなみに、通常のインフルエンザ検査では発症して24時間経たないと反応が出にくいとされています。