服用することによる異常行動が確認されているタミフルですが、実際はタミフルのせいではなくインフルエンザが引き起こした症状の1つという説が有力になっています。つまりタミフルは安全な治療薬ということなのです!

タミフルでインフルエンザをやっつける!
目次

インフルエンザの感染には種類がある

インフルエンザの感染経路には、空気感染、飛沫感染、接触感染があります。飛沫感染の場合、感染した人がくしゃみや咳をした場合、その飛沫物の中にウイルスが含まれており、そのウイルスを吸い込むことによって感染します。

空気感染の場合、インフルエンザウイルスは乾燥した空気であれば、1日から2日は空気中に漂うことができ、それを吸い込んだり手に付着し鼻などを触ったりした場合に感染します。どの感染経路であってもインフルエンザに感染すると、全身に症状が出て、高熱や倦怠感、筋肉痛などを伴います。

インフルエンザに感染するとタミフルが処方されます。タミフルはウイルスを細胞内に閉じ込める働きをするため、ウイルスが増殖しきってしまう48時間以内に服用を開始しなくてはなりません。48時間を超えてしまうと、タミフルの効果を十分に発揮することができず、症状をあまり軽減することはできなくなります。

もし、タミフルを服用しても熱が下がらない場合は、飲むタイミングを間違えてしまったか、薬がうまくきかなかった、もしくはタミフル耐性型のウイルスに感染した可能性があります。
インフルエンザの初期症状は高熱と悪寒、全身の倦怠感です。熱が出たからといって早くに医療機関を受診し、検査を行ってもインフルエンザと判定されない場合があります。これは、ウイルスがまだ増殖されていなく、ぬぐい液に十分にウイルスが付着しなかったことが原因です。また、あまり遅くに行くと薬の効果を得ることはできません。

また、予防接種を行っている場合は高熱の前に風邪のような症状や、倦怠感が起こる場合があります。そのため高熱が出たことを基準とせず、発症してから48時間以内にタミフルを服用するようにしましょう。